ある就職浪人生への差し入れ

Gさんは、大学卒業後、就職をせずにいました。

何度か採用面接を受けたりもしましたが、最終的には決まらず、ある段階で、浪人を決心していたのです。

就職浪人生への差し入れは何が良いか

実家にも戻らず、一人柏市に住み、資格取得のための勉強や、その他公務員試験の勉強などしながら毎日を過ごしていました。

このような生活では、生活費の捻出が困難で、実家からの仕送りも家賃以外は
ストップする話になっていました。多少のアルバイトで得た収入を食費などに
あてていたのです。

勉強優先で困窮している

アルバイトばかりに時間を使う訳にもいかず、勉強や就職活動とのバランスを
とることが難しいと感じていました。

また、先に就職した友人たちがうらやましくもあり、かと思えば、やはり自分は、
もう少しじっくり考えたいとの思いもありました。ですが、世間からは、なぜ
就職しなかったのかと言われているばかりに感じていました。

学生時代の友人から届いた段ボール箱の中身は・・・

奨学金の残りが底をついたころ、宅急便で段ボールが届きました。

大学時代の友人からです。

その友人は、地元のX県の実家に戻り、地元で就職を果たしました。
一体彼は何を送ってきたというのでしょう。

Gさんが段ボールを開けてみると、手紙とたくさんの野菜やらカップラーメンやら
の食料品が入っていました。

そして手紙には、短くこんな風に書かれていたのです。

「G君。元気ですか?僕は、実家から会社勤めしています。
給料が毎月必ず入ってきます。実家だから、どんどんお金も
溜まりそうです。この段ボールの中の物は、給料のほんの一部で
買いました。もうお金もないだろうと思って気をつかったつもりです。
早く就職が決まるといいですね。」

Gさんは複雑ではありましたが、しかし、非常に助かったと感じています。友人の差し入れは的を得ており、保存できるものから生鮮品まで非常にバランスが良かったのです。

  • 野菜ジュース
  • ビタミン剤
  • さつま芋
  • じゃがいも
  • のり缶、ふりかけ
  • 即席みそ汁
  • リンゴ、みかん、梨
  • カップラーメン類
  • うどん、そば
  • 酒やら、インスタントコーヒー            などなど

本当に今の生活にぴったりのセレクトをしてくれていたのです。大学時代に交友を深めていたため、思いついてくれたのでしょう。野菜も日持ちのするものばかりで助かりました。

また、いつも買うことを躊躇して、水道水で済ませていたところへコーヒーなどあると潤いが出そうです。

底にへばり付いた封筒

段ボールを漁ってみると、底の方に封筒が入っていることに気づきました。
いかにも不自然でした。段ボールの上の方に、手紙が入っていたのですから、
封筒があるなら、手紙と一緒にすれば良いはずです。
送っては行けないものを送ってきたのでしょうか。

Gさんは、まさかっ・・・!しかしボーナスはまだのはずでは・・・。
いやしかし・・・と期待して中身を見ます。

大金

中から出てきたのは、友人と卒業式に一緒にとった1枚の記念写真
でした。

さてさて、こんな調子でGさんは就職できるのでしょうか。